メインメニュー
投稿者: ogawa 投稿日時: 2006-10-16 10:45:00 (3901 ヒット)
プレスリリース

2006年10月16日

2006年9月22日(金)〜23日(土)に「第60回国立病院総合医学会」にて、ランチョンセミナー(昼食付きセミナー)を開催致しました。
数多くの方々にご来場、ご支援いただき誠にありがとうございました!!


ランチョンセミナー2(LS-2)プログラム
9月22日(金)12:45〜13:35

医療分野におけるICT最前線

北岡有喜氏写真
 本セミナーでは、国立病院機構各施設の情報化の一助となることを期待し開催致しました。どこカル.ネット参画企業3社より医療分野におけるICTの最新情報をご講演いただき、ご参集の皆様と情報共有することができたのではないでしょうか。
   
当日の様子
『医療現場で活躍するウィルコムのPHSソリューション』
喜久川 政樹 (株式会社ウィルコム 執行役員 経営企画本部長)

 ウィルコムのPHSは、優れた音声品質と省電力で電磁波も微弱なため全国で3000以上の病院や医療機関などで利用されております。
 当セッションでは、ウィルコムの最新医療ソリューションを利用事例などを交えてご紹介いただきました。

『FMS方式による病院検査室の再構築』
ファルコバイオシステムズ上田様写真
上田 剛三 (株式会社ファルコバイオシステムズ 臨床検査事業本部臨床事業統括部企画課係長)

 検体検査部門の運営経費の軽減化、オーダリング化に伴う検査機器再整備の手法など、実施例などを紹介いただきました。
タイトル未定
宮里 博史 (キヤノンシステムソリューションズ株式会社 医療ソリューション事業部営業部長)

協賛

株式会社ウィルコム
株式会社ファルコバイオシステムズ
キヤノンシステムソリューションズ株式会社
当ランチョンセミナー2(LS-2)は、株式会社ウィルコム株式会社ファルコバイオシステムズキヤノンシステムソリューションズ株式会社の協賛により開催致しました。

ランチョンセミナー10(LS-10)プログラム

9月23日(土)12:25〜13:15

医療分野におけるICTの過去・現在そして近未来

北岡有喜氏写真
 本セミナーでは、機構各施設の情報化の一助となることを期待し、開催致しました。
東京大学医療情報学教授・医療情報学会会長・(財)医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)理事長を歴任され、医療におけるICT第一人者であられる学校法人国際医療福祉大学大学院 開原成允院長先生に、医療分野におけるICTの過去・現在そして近未来をご講演いただきました。今回ご参集いただいた皆様には、大変貴重な機会となったのではないでしょうか。
   
当日の様子
協賛
株式会社ウィルコム
当ランチョンセミナー10(LS-10)は、株式会社ウィルコムの協賛により開催致しました。


投稿者: ogawa 投稿日時: 2006-10-11 22:00:00 (2126 ヒット)
プレスリリース

2006年10月11日

北岡事業統括責任者が、どこカル.ネット企業会員であられる、JBCCヘルスケア・コンソーシアム(JBHC)日本ビジネスコンピューター株式会社様主催主催、「JBHC医療総合セミナー」にて『日本の医療改革の方向性とIT化』と題し、講演致します。
皆様のご来場をお待ちしております。

・日時:2006年10月20日(金)13:30〜(受付開始12:30〜)
・主催:JBCCヘルスケア・コンソーシアム(JBHC)日本ビジネスコンピューター株式会社様
・開催場所:ホテル日航東京
・定員 :200名様(定員になり次第締め切らせていただきます)
・参加費:無料
・申込み方法:日本ビジネスコンピューター株式会社様のホームページ「JBHC医療総合セミナー」申込みフォームから直接お申込みください。


投稿者: ogawa 投稿日時: 2006-7-3 13:22:00 (3212 ヒット)
プレスリリース

2006年7月1日
                                                 
      特定非営利活動法人
      日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)
                             どこカル.ネット
                  http://www.dokokaru.net

   未来のお医者さんって、
   テレビで登場?
   病気になる前に教えてくれる人?
   さてさて、どんなんだろう!?

  デジタル化の進むユビキタス社会で、私たちの生活を支える
  医療・福祉は、どんな未来が待っているでしょうか。
  その未来を切り開くのは、そう、君たちです!

  みんなの創造力を、作文で表現してアピールしよう!


ユビキタス健康・医療・福祉ネットワークプロジェクト「どこカル.ネット」(事業統括責任者: 京都医療センター医療情報部長 北岡有喜)では、
2006年7月より、小学生を対象に「第2回未来のお医者さん・看護師さん作文コンクール」を開催いたします。
今年の夏休みは、未来の医療を家族みんなで考えてみましょう。

<募集要項>
●タイトル『第2回未来のお医者さん・看護師さん作文コンクール』

●応募先 
〒612-8555 京都市伏見区深草向畑町1番地1
独立行政法人国立病院機構京都医療センター医療情報部内
NPO法人SCCJどこカル.ネット

●募集内容
SCCJユビキタス健康・医療・福祉ネットワークプロジェクト「どこカル.ネット」では、小学生を対象に、「未来のお医者さん・看護師さん」をテーマにした
作文を募集いたします。
「こんなお医者さんや看護師さんがいたらいいな」とか「きっと未来のお医者さんや看護師さんはこんな風になる」「僕、私ならこんな風にみんなの病気を治したい」・・・等、奮ってご応募下さい。

●応募規定
400字詰め原稿用紙2枚を上限に作文を書き、次の情報を明記した表紙を添付して下さい。
 
 〇童氏名(フリガナ)
 通学小学校名
 3愬
 な欷郤圓了疚勝淵侫螢ナ)
 ヂ格
 ν絞愴峭罅⊇蚕
 電話番号

 表題は「未来のお医者さん」もしくは「未来の看護師さん」。
 応募点数は1人1作品に限ります。

●応募資格 小学生
●賞
・最優秀賞  1名 賞状、キッズ携帯『papipo!』(提供:株式会社ウィルコム)(注1)とコンパクトフォトプリンターSELPHYCP730(提供:キヤノンシステムソリューションズ株式会社)
・最優秀賞受賞者所属校には、リフレッシュPC(注2)100台を寄贈予定。)
・優秀賞  若干名 賞状、記念品(注3)
・審査員特別賞 20名程度賞状、記念品)
(注1)初期費用及び毎月の利用料金は、受賞者のご負担となります。
(注2)使用済み中古パソコンを再生したものです。
(注3)記念品はどこカル.ネット企業会員様からのご提供によるものです
●締切 2006年9月30日(当日消印有効)
●発表 10月中、ホームページにて掲載、入選者に通知いたします。
●表彰式 2006年12月予定
●主催 特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)どこカル.ネット
●後援   京都新聞社
●諸権利 応募作品の著作権はSCCJ どこカル.ネットに帰属いたします。
●選考委員 特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)理事・監事・顧問
●選考基準 各学年の学力を鑑み、学年単位での評価を行います。従って絶対的な優劣ではございません。
●個人情報の取扱 ご応募の際に記載いただいた個人情報は、選考および入賞者の発表以外には利用いたしません。

■参考 どこカル.ネットとは
電子カルテシステムは、近年少しずつ普及し始めていますが、独立した各医療機関ごとの取り組みに留まっています。インターネット上で安心・安全に相互利用するための仕組みがあれば、病院内だけでなく、病院間で病歴や投薬状況が確認でき、
また、この情報を患者や家族も共有できるようになります。
どこカル.ネットは、いつでも、どこでも、誰でも、安心安全で質の高い医療を受けることが出来るような(すなわち、どこでもカルテが見ることが出来るような)地域の情報化を、住民の手で実現しようというプロジェクトです。住民自らがつくる様々な健
康・医療・福祉情報インフラ整備プロジェクトとして、世界でも類をみない取り組みです。
http://www.dokokaru.net

■本件に関するお問合せ先
特定非営利活動法人 日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)
E-mail:info@dokokaru.net
電話 075-645-8401(内線8989)


投稿者: ogawa 投稿日時: 2006-6-9 10:48:00 (3214 ヒット)
メディア掲載

2006年6月9日

日本実務出版株式会社様発行

「安全と管理」本年6月号に
−ユビキタス健康・医療・福祉ネットワークプロジェクト「どこカル.ネット」の取り組み−
■ユビキタス医療を目指す「どこカル.ネット」に指静脈認証
電子カルテの開示・閲覧に必要な本人特定にシステム利用■
と題し、北岡事業統括責任者のインタビュー記事が掲載されました。


 月刊「安全と管理」掲載記事30頁(127KB).pdf
 月刊「安全と管理」掲載記事31頁(387KB).pdf


投稿者: ogawa 投稿日時: 2006-4-7 15:08:00 (3286 ヒット)
メディア掲載

2006年4月7日

京都新聞社様発行

平成18年4月7日に開催されました
平成17年度 総務省委託研究「電子タグ高度利活用技術の研究開発
最適分散配置技術」〜京都医療センター医療・医薬品電子タグ実証実験〜
の成果発表会について、京都新聞に記事が掲載されました。

 京都新聞掲載記事(112KB).pdf


« 1 ... 28 29 30 (31) 32 33 34 ... 38 »
検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

bar
NPO法人SCCJ 特定非営利活動法人 日本サスティナブル・コミュニティ・センター どこカル.ネット Email: info@dokokaru.net Copyright 2004 SCCJ. All rights reserved.